西暦2017年2月2日(木)

私達と友へ・・・いつか必要な時が来た時のために
来ないかもしれないけど書いておくね


あれから(己がなくなったあと)考えてみたことを 初めてネットに挙げる


何故、真逆の友とわーくをしたのか・・・?

友については分からないが
私にとっては、すべてを終りにするためだった

それが何かといえば、愛だろうが、エゴだろうが 光だろうが闇だろうが
肉体だろうが、エネルギーだけだろうが
どこに行こうが一緒、出られないという確認のため いつかどこかで 限界が来る

もうなにもかも終わりにしたい
これ以上の時間つぶしは耐えきれない、サブいぼ、と思う時がいつか必ず やってくる


それは明日かもしれないし、1年後 かもしれないし 2万年後かもしれないし45億年後かもしれない

あるいは かなりの過去に限界が来て、何度もあそこに行って諦めて戻ってきたクチかもしれない


ずっと前、他者に
「永遠が何か知らないくせにどーだ、いいだろ?と見せびらかしている」と言われた


逆だよ、それ、
しねば終われると思えるキミのほうが私にとっては はるかに 見せびらかしてる

そうなれたら、どれだけいいか、純粋にそう信じられたら、幸せに暮らしていけるよ

みんなと同じように 本当の自分になって・・・キラキラ♪とか
望む現実を手に入れてめっちゃたのし~!幸せぇ~とか あと何しようかな、ルンルンとか
やれるよ・・・例え、輪廻があろうとも・・・ね

それだけで 希望をもってどんな人生でもやれると思うのだ

私はどうやって 契約の破棄をすればいいのか 今まさに 切羽詰まってるんだよ

後が無いんだよ、もう・・・この結果がすべてを指し示してる

遣れてる人はイイよ、どんどんやっちゃえ~!イッちゃえ~!!!
だからと言ってうらやましいとか思えない

もうないんだよ、そんな情熱は、どこにもない
ただただ今生ですらバカバカしいから しらじらしいから 


そもそもあんだけありとあらゆる脚本を見まくっていたら次の人生なんて、くそだ

もう金輪際なにもかも お断り、いい加減 厭きた あ・き・た!

う・ん・ざ・り・だ・


ー遊園地落ちた宇宙死ねー

夢も希望もないから!!!

なにもかもが バカバカしいから
ほとほとうんざりしてんのも分からんの?

そうして口を閉ざした


あそこで見たのは・・・嫌なのにもうやめたいのに どうしても突破できず、駆け引き、もろもろあり
諦めて戻るしか道がない、それ以外に選択肢がない魂たちだった


私がトラウマについて言ってたことに近い

ころさないでくれーという先には
いっそのこと、ころしてくれーというようなものがあるんだよ、

それが続くと・・・それを、やめるためにはYESって言えば解放されるんだよ、

さあYESと言えばいいだけだ、それでキミは解放されるんだよ
終わる、終わる・・・?
それだけを望み、YESと言っちゃうんだよ、てきなもの


よくよく考えたら分かるよね

アンダーグラウンドとか昔の奴隷制度とか、現代の経営者だって
人を使うのにどうやったら利益が出るか考えてるわけで・・・


で・・・全部煮詰まった、とうてい ヒトゴトになれなかった

藁をもつかむ勢いで迫りくる必死の叫び 

・・・肉の私が終わると覚悟しても・・・魂が躊躇した

拮抗状態・・・なのにどんどん群衆は押し寄せる


・・・そして・・・遣ってくる数々の裏メッセは私たちの叫びだ

死に対しても輪廻にも終りなく、
そこに居たらこの人生がどうとか、こうとか・・・なにそれーという感じで

(人の残酷さに比べたら 地獄のほうがマシだよねーと言いあったあれから遠くまで来ちまった、懐かしいな)

この世界で起きていることの方が夢オチでした、と言われた方が説得力あるよ


ああ・・・ネットので出逢った人達と当たり前に話があう訳ないよねと思った

誰も人生終わった後のそんな想定してねーよ

他の人たちはこの人生に煮詰まったり苦を何とかしようともがいたり 
幸せを手に入れようとしているのだから


友が 今は違うと言ったけど、以前 虚無の闇 あそこに行くなら
どんなことでもする、と言った

対して私はずっと生き続けなければいけないなら、どんなことでもする、と言った


真逆の私たちの言ったこと、あそこで見た魂たちの諦めて戻る・・・
そして私自身が人間の限界・・・幽閉や拷問、洗脳にこだわっていたことから鑑みると


もう契約を破棄したい、という魂は意識を持ったまま 生きることもしぬことも出来ず

発狂すらさせてもらえない状態で固定されて、つまり存在していると認識できたままで

真っ暗で無の何もない空間に、何万年も何億年も何兆年もずーーっとギブアップするまで
居させられる・・・というのを見た、ってか少し体験した


・・・人間なら 拷問はしんだら終わる

前に視界を失う恐怖があると言ったけど、あれは希望があったと分かる

だって目が見えないから、何も見えない真っ暗なんだ、と言い訳が立つから
そう、なにも言い訳ができない状態で クリアのまま放置される

今のままでは耐えられない ムリだ、とおもっっちゃったんだよね、たぶん魂が。

私の意識が終わろーと思えたのは、私にとってはまだ捨てられる肉体があったからそう思えた、だけ

だけど私自身も思ったんだ
やはり狂えないのか、と・・・

幾度となく過去生で 真っ暗な牢獄、幽閉・・・・数年前から視界にブラックが入るようになった

あと、何度か言ったと思う
小さい時、初めて、育ての親の処にお泊りしようとした時
電気を消した真っ暗の中で 何か物語のように動くものが見えたと・・・。

結局、あの時は家に帰ったんだけど暗闇の中で創り出すんだ



読まない系の漫画や小説 アニメを見て思った

希望なんかないほうがマシって思っていたのにいい例があった


「・・・こういう拷問を知っているか

こう上から囚人を吊るすんだ
で 足を地面に着くか着かないかという高さにしてひたすら放置する」

「・・・・・・それだけ?」

「それだけだ
終わらない“希望”は人を疲弊させる

いつか
いつか

それだけで人間は自滅するんだ
逃れる方法は唯一つ
地面の存在を忘れることだ」


いつか出たくなったら、反発する何かがあった方がいいと思う
それは、一つだけではなく 言い訳が効かないほどのものがあることが必要だと感じる


すべてなくなって、突き付けられる
なんとかなるっしょ、とかどうでもいいとか、だと濃度が薄い


たぶん、今生きている人達って楽観的、というか いざとなれば、という希望があるんだと思う

どんなに不幸だろうが いつか終わる 死ねば終われるって思ってるでしょ?!

どんなにしんどくても 天国とか、故郷の星へ帰れるとか思ってるでしょ!?

あるいは世界を呪って 世紀末とか、核兵器で世界が滅亡するとか 
自分も死ぬけど世界中の人も一緒に滅亡するとか、誰かが壊してくれる、とか

どれもこれも 自分が動かなくても 何かに期待してるんじゃない・・・?


もともと今生の私自身・・・あるいは過去からだったかもしれないけど
人に何とかしてもらおうとするんじゃなくて 己の人生、己で救って遣れよ

なんで人任せなの?
人任せに出来るほど あんたの人生って どんだけ軽いの?

誰かの遣り方を文句ばっか言って責任押し付けてないで 己がマジになって向き合えよ、的に思ってた
そう、つまり余裕があるということ

私ははなから、俯瞰や神目線だったわけじゃねーよ、
削ぎ落されて行ってこうなったんだよ・・・。

***

実は中途半端に残ってしまった“在る”が失敗だったのではないか、と思っていた

なんというか、ヘンな例えだけど
爆破させるならば すべて壊滅させうるだけの爆薬を仕掛けて
きれいさっぱり何もかもなくなるようにぶっ飛ばすべきだったのに 

中途半端に手前でコケて 地雷を踏んで不随になった

もうぶっ飛ばすことも出来ないじゃんか・・・みたいに感じたんだ


だけど・・・最近、いや1年位前からかな 推論、というか 仮説が出てきてる

たぶんAさんの領域ならあれでいいのかもしれないけど あれだと甘いんじゃないかって思ってる

終わらないのではないか、
現実的な日常、この日本の世界の終わらせ方なら あれですむかもしれない


前に、ルシファー・エフェクトという本を買った

人間の極限状態

例え現実的な世界だとしても、私自身はあの世界を知ってるから

非日常的な状況下に陥った時
人を貶めるくらいなら、己がコロされようと思える人はあまりいないだろう

むしろ、集団で暴走する怖さを知ってるから
そしてエネルギーの世界も知ってるから


***

・・・一人の人間の中で
現実の世界とか、心とか魂とか、

うまく言えないのだけど
分割されていて それぞれ管轄が違うのではないか

だからホントに契約を破棄するには それぞれの部分がもう嫌だ!!!と管轄に申し出て
尚且つ テストに合格しないといけない

それがいくつあるのか、今はまだ分からないけど
とんでもなく難しい、ような気がしてる

そんな簡単にいかないだろー
じゃなければ あんなふうにイヤなのに諦めて戻るとかないんじゃない?
バラバラ的なイメージ


消されるかも、そのうちに

だから 取り敢えず・・・





2017年2月2日(木) 23:55 *今の想い* PERMALINK COM(0)