小さい時から 疑問に思っていたことがあった
あえて、言語化したことはない

今回の件で分かった
内と外・・・端的に言えば 枠、つまり境界線が自己同一性ということ
つまり位置確認、存在としての自覚を形成するもの、だ

何故、それを疑うことなく信じているのか・・・?
何故、当たり前になっていて疑問に思わないのか?

その枠は人や存在によって違う
自分だったり 世間だったり 内なるものだったり
あるいは地球や太陽系、銀河系 宇宙意識 次元とか、限界極宇宙とか
それぞれ、知覚できるための枠、境界が違うのだろう
つまり 持っている枠が落ちる(死ぬ)

数年前まで虐待を受けた人達と受けていない人達とのずれ、差異が
何か分からなかった

逆に言えば、【当たり前で疑問にすら思わない前提】が自己同一性として
存在しているから
その微妙な差異、ずれに気づくのは、持って無い側しか認識できないのだろう

こちらが差異に気づいた時、それがなにかを問いかけていたのだけど 
はなから存在していれば前提に気づくこともないよな

何処に居ても なんだろー質問と求めているものが違う
ずれてるよ、そういう答えが聞きたいんじゃなくてーがけっこうあった

今から思えば問いかけ自体も間違っていたのだ
もっと丁寧に聞かなければいけなかった・・・あるいは聞いても
相手は分からなかったかも

ほとんど不発に終わった
男性で論理的な人では その質問の意図は・・・?と理解しようとして貰えることもあった・・・。

過去の私達は全部はなから否定するのではなく、試して使えるものは使おうというスタンスだった

例をあげると・・・、
何故たましいの言う通りにするのか、出来るのか?という疑問


この問いかけは、何故あなたはたましいを信じるに至ったのか・・・?
信用するに至った要因、正しいと思える原因、あなたにとっての根拠や理由を教えてくれ、という意味だ

だけどほとんどの人達は、
そのうち出来るよ~!出来るようになるといいわねーとか
たましいに合わせて会話して こういう方法がある、これは試してみた?とか

んー、そうだよねーあなたにはむずかしいだろーね・・・
気持ち的にわかるよーとか

いやいやいやいや(笑 
全く、ちっとも、なにひとつ分かってねーよ

いやいやいや、そもそも何故にそこでたましいに合わせんの?
目の前に疑問を発する人がいんのに?

合わせられるなら 質問してるこっちに合わせて まずは質問自体を理解してくれよ、と思う
や、無理か・・・話を聴く心理カウンセラーじゃないしな


それでも折を見て しつこく聞くと←だいたい何度も同じことをほざくと

頭が回るやつは
こいつは 前に答えたのでは納得してないんだなー

ならば、どういうことだろうと
質問の意図は?とか こういう意味にも取れるし こうとも取れるけど
何が聞きたいの?とか突っ込む

だけど確信があり それが当たり前で ひとつしか思い浮かばないと
(人によって違うが)出来てる人は裏まで勘ぐって、私に嫉妬してる?!←おいおい!ソコ???

そんなにダメって思うことないよーとか
あなたの今までの経験から考えるに、すぐには難しいと思うよーとか

なんだろー次元を超えたようなこのずれ感は?!
それって根本的なことをスルーして述べまくっているが
【たましいの言う通りにする前提】だよね?!

前提として それ、ないから聞いてんだけど???

そもそも そうなりたいけど出来ないから方法論を聞いてるのか
そうなりたくないけど 従う、がしたいのか
従いたくないし やるつもりもないのか
あなたの答えいかんによっては従ってもいいと思っているのか
取り敢えず、従わないけど ほかの人が信じるに至った根拠が知りたいのか

めんどくさいのでこの辺にするけど、思い浮かぶなら
いわゆる質問の動機と意図ってあるよね?

学校では、ハイヤーやたましいに合わせるのではなく
あくまで地に足をつけた望む現実や浄化が基礎だったけど

ブロック、ゴミを浄化することで すぴ理論である真我、とか?
なら、その理論をあなたは どうして採用したのか知りたいわけよ、こちとら 

それともいわれるまま 信じたの?
ならば それに到達するとして それって、何のためにすんの?
幸せのため?
そうじゃなくて根拠として 己が変容したとかワンネスとかの経験があるから???
だとしても それとこれどう繋がんの?

何処に向かっているのか 何を求めているのか、見えてこない

こっちとしては ある意味 盲目的で妄信的な感じがカルトっぽくて引いてる
端的に言えば、意識してないだろうみんなの前提、そのものに脅威を覚えている

だから せめて根拠が聞きたいんだよ、ということだったんだけど
誰にも 通じなかった

もしや 此処に居る時点でソコはクリアー、同意したということになってんのか?

あるいは 疑問を生じることなく はなから持っていたものか?
Uさんの場合は求めている方向がブレ初めているから分かった

わたし=たましいならば、たましいを疑わない
わたし=世間ならば、それを疑わない
もともとインストールされているか、強烈な洗脳によるものか
枠、それ自体が本人の性質に反映されているのか

もちろん説明したこともあるよ
でも通じないのだ

で・・・疑問にすら思わない=その人の持つ枠、だと思った

という事は、みんなが持っていて敢えて説明すらしなくていいもの
こっちは はなから前提を持ってないのだろう
簡単に言うと世界の共通語【ママ】みたいなもの、か

わざわざ、なんでそんなこと聞くのだろうと思うかもしれないけど
あなたのとっての【ママ】ってナニ?
と前提を定義してから会話しないと遠ざかると経験的に思っていたのだろう


親で言うと いい学校出ていい所に就職して幸せな結婚してという価値観が揺らがない
それが当たり前で、その価値観を疑うこともない
だからこそ そうならない場合は不幸になる・・・現状に対して葛藤してあがく

逆に言えば その前提さえなければ 不幸ではなくなる

枠は【自分という存在を認識できる安心感】が在ると同時に
葛藤やそれを超えてしまうことが起きた時の限界を生じる原因となる


本格的にすぴを意識したのは30過ぎてからだ
古典と言われるものも有名というものもほとんど知らずに来た

10代の頃から、周りには高次とか上位意識(?)の記憶を持つ人達も結構居た

だけど観察した
幼少の頃から常に対立するものがあったので 物事を見るとき 何故?という見方をしたから

対立を排除するのではなく その状態が在ることに何か意味があるのではないか
ならば それで何をするのか・・・のほうが重要ではないのか?

何故霊は波動が低いから己の波動をあげろ、というのか?
はなから否定して ダメというのか?

何の根拠でそれが正しいとなってるのか・・・?

安易に排除するではなく まずそれの定義がなされていないなら 最初にするのはそこだろー
それがないままでは重要なサインを見落とす

高次の記憶がある・・・、それはそれでいい
・・・ならば何でココに居んの?
すべてに満足していたら ココにくる必要なくない?

そこでは なにがしの不満があったから、とか 拮抗している何かの解決策のため、とか

あるいは ココでしか手に入らないものが在るのではないか?
だから わざわざ低次元に来たのでは・・・?

別に単なる暇つぶしでもいいけどさー
(今はもともと意味なんてない、ただ存在するための方便と思ってるけど)

なのに 辛い、しんどいから・・・という理由で高次を模倣してどーすんの?
そうする意味はナニ?それって己の経験踏まえて、してんの?

誰かが言ったから?良いものだと決まってるから?なら どこで信じた?

わざわざここに来てするの、それ・・・?
(あえて高次の理を物理的次元でやってみる、に挑戦する、をしてんならそうなんだ、と思うけど)

ならば あなたがココに居る意味はナニ???

肉体を持って快楽を追究する目的が99パーセントを占めているみたいだから
ぶっちゃけ 他の人達は 別にいいんだー

他の人に「私やあなた」定義でどういう考え?とかどう思ってるのか?
聞いてもはぐらかされるか、ピンとこない的な言い方が多かった

何度も本音で話すコトは叶わないんだと思った

陰で OOなのに、この程度?XXと言ってるのにしょせんこんなもんか、的に
判断下されている、うざい、きらいとか もうかかわりたくないとか 避けられているのに

気づかないフリして歩みよる必要はあるのか・・・今私にとって何が最優先なのか


どんなあなたやわたしでもいいんだよ、と本当に思うならば
別に私がフェードアウトしても問題ないなー


勝手に相手の思う理の中で私を判断するだろう、今までがそうであったように

なのにびっくりしたよ、なんでショックを受けてんの?騒いでんのか分からん

己が手一杯で かまってられんが
地球にあって高次で手に入らないものとはなんだろう?という視点は常にあった


そんなこと考えても意味がないとか しかたない、もう此処に居るのだからと思うなら
他に目を向けられるということだから それをすればいい

昔の話だけど、逃げたくないと言った時 色んな人が入れ替わり立ち変わり
逃げてもいいんだよ、と言った

心理学的にはそれはありだけど、そこではないから

心の領域、いやいやいや全く違うから
そういう意味じゃないんだよねーと思った

逃げていいのにそれってヘン、って言うのは何でだろう?

そもそも苦悩に慣れてないよね・・・?むしろ なんとしても避けたいのは何故?
それが影響されてるもの枠ということか
今までは なんとかなっていたということか・・・。


何も、こっちは 逃げたいけど逃げたくない、ではないもん
むしろ ちゃんと 対峙して真剣に向き合いたいからこその逃げたくないという決意表明だった

それを感覚的に理解している人は皆無であった

今から思えば 点になる現象は逃げないからこそ生まれるもの、というのを
知っていたのだろう ホントに求めているものは、遣りたいものは 点の先にあるのだから 

端的に言えば、己の場合・・・状況的に待てなかったんだろうね

周りに居た奴らは 
客観的にしんどいだろうーと見てられなかったかもしれない

あるいは 忘れているかもしれないし 理解できないかも
・・・その前に近しい人にも伝えたコトないか

現実的に夢や遣りたい事をやると同じくらい
人の心やしくみ、何故なぜを追究していく、探究することそのものが
至高であり ワクワクで楽しいコトだったのだ 

なので自分自身に苦しみが降りかかっても
(普通に大変かもしれないけど 自分にとってそこは問題ではない)
もちろん しんど~い、愚痴は吐くよ

他者なら 慎重に遣らないとまずいが 己だからこそ 思う存分 試せる
自己責任だからこそ 壊れても、再起不能になってもいい訳で 
自分自身を事例、ケースとして扱える利点がある、サイコー!だった

そこら辺の欲望は生まれた時から ブレずにハッキリしてるよ

充分苦しんだのなら もういいんじゃね?とか
なんだそれー?超びっくりするわー!!!

人生かけての追究を勝手に取り上げんやよ 
人の趣味を 楽しみを 勝手に打ち切んなよ

まだまだ こっちは遣り切ったと思ってないのに

幸せになってねーとか なんだそれー?超びっくりするわー!!!
キミにとっての前提をまず教えろ?
幸せの定義はなんだよ?
いやいやいや なぞを追求する事 この状況がサイコー!
これが幸せだから・・・なんも通じねーが多かったな

ありのまま なんでもいいんだよーと言うのに否定か?
言葉と行動が違うのは何故なんだろーフシギ~!

ホントの解決を望むなら根本を誤魔化さないということなのに

基本的に人に伝えようとした文章では書いてないよ、ドン引くだけだろうし
だから勘違いされてもしかたないけど
行動で分かんねー? 続けてるなら なんだかんだ言っても好きなんだろーな、ねーの?

一連の流れは 個人の意思ではない
あれは 自分でどうにかしようとして出来るものでない、不可能だ

個人的には
此処まで来たら この状態になってる原因 大元に根本に、絶対行って遣る!があっただけ

だから己や世界が消えたあと Aさんの体験を読んで ああ、と思った
精神世界を否定しているから あの遣り方が成立する
色々、解決策を求めて遣り続けた結果がこーす

彼女自身がそんなこと考えても意味がないと日常に戻ることも
他に目を向けることもできず
優先順位があれ、あれしかないと思ったから あれを遣っているんでしょ?
極めて合理的で能率がいいじゃん、と思う

だって この世のどこにも解決策がないのなら 根本の大元を絶つということでしょ。
本気で 根本を解決したいのだから 
それで世界や己が消えてもそこは問題ではない 満足という事でしょ。
何をおいても優先するものがあるだけじゃん?

暇つぶしや日常なんてしたくない もはや成立しないのに
それをすれば、別の問題が発生して苦しみは続く、と分かってる

要はどれを選ぶか、どこで手を打つか、己の落としどころ的に まあいいや
終わらないなら それを分かったうえで楽しめばいいじゃん?という処では
納得できなかったから ああなってるだけだ


+++
2017年5月3日(水) 16:40 *今のキロク* PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK